Xcode & Swiftプログラミング研修 (IOSのアプリ開発)


MACの基本操作と開発環境Xcodeの準備コース

MACのPC、iMac, MacBook Air, MacBook Proいずれかの機器の基本操作と、iOSでのアプリ開発の開発ツール、Xcodeの導入、Apple Developerサイトへの登録等について学びます

別途、お問い合わせください



開発言語SWIFTプログラミング基礎コース

サンプル・プログラムを使い TableViewControllerとViewControllerを組み合わせた機能のプログラミングを学習します 

前提として

  1. MACの基本的な使い方を理解している
  2. MACでの開発環境が整っている
  3. 開発ツール Xcodeが導入されている
  4. Apple Developer Programに登録している
  5. Apple IDを入手している
  6. iPhone/iPadの実機が使える
  7. ネットワーク環境が使える

コースの内容

  1. プログラムの全体の開発の流れを知る
  2. サンプル・アプリを使った開発をステップbyステップで学習する
  3. 各ステップで必要な基本機能を学習する
  4. 各ステップで遭遇するエラーの対処方法を学習する
  5. プログラム全体のテストと問題解決方法を学習する
  6. アプリとしての必要な情報の準備を学習する
  7. 簡単なプログラムの演習をステップごとに行う 

コース日程

  • 2日間コース  
  • 開始時間: 9:30  終了予定時間     17:00
  • なお、貴社の希望する 早朝、夜間の研修コース等も相談に応じます

参加者は、コースに必要な開発環境を用意するものとします

  1. MACのPC   iMac, MacBookAir, MacBookProのいずれか  
  2. メモリーは8GB以上が好ましい
  3. OS X は、最新のVersionが好ましい  OS X Mojave 以上
  4. 開発ツール、Xcodeは、Version 10   (β版は使わない)
  5. プログラミング言語、Swiftは、Version 5  (MacのTerminalで swift -versionとタイプし確認しましょう)
  6. テスト用実機として、iPhone 8, iPhone X など
  7. IOSは、最新のVersionが好ましい  IOS Version 12 以上
  8. オプションとして、Adobe Photoshop Element 2018をイメージ編集、作成に使う

使用教材

  1. Xcode/Swiftのサンプル・プログラム
  2. 講習会用説明資料(PDF配布)
  3. 市販のSwiftブログラミングの教材

研修場所 

  • 貴社施設内を基本としますが、ご相談に応じます

受講料

  • お問い合わせいただけましたら、場所、参加人数によりお見積もりいたします


開発言語SWIFTプログラミング拡張機能コース

拡張機能としてよく使う単機能、Switch, Slider, SegmentedControleなどを学習します

前提として

開発言語SWIFTプログラミング基礎コースの履修者か、または、同等のスキルのある方


コースの内容

 

Swiftプログラミングの拡張機能をサンプル・プログラムを使用して次の機能を習得する

 

  1. Scroll機能とView機能
  2. Switch機能
  3. Slider機能
  4. SegmentedControl機能
  5. Stepper機能
  6. DatePicker機能
  7. PickerView機能
  8. MapKit機能
  9. WebView機能
  10. CollectionView機能
  11. Gesture機能(Tap, SwipUp, SwipDown)

コース日程

  • 1日間コース  
  • 開始時間: 9:30  終了予定時間     17:00
  • なお、貴社の希望する 早朝、夜間の研修コース等も相談に応じます

参加者は、コースに必要な開発環境を用意するものとします

  1. MACのPC   iMac, MacBookAir, MacBookProのいずれか  
  2. メモリーは8GB以上が好ましい
  3. OS X は、最新のVersionが好ましい  OS X Mojave 以上
  4. 開発ツール、Xcodeは、Version 10   (β版は使わない)
  5. プログラミング言語、Swiftは、Version 5  (MacのTerminalで swift -versionとタイプし確認しましょう)
  6. テスト用実機として、iPhone 8, iPhone X など
  7. IOSは、最新のVersionが好ましい  IOS Version 12 以上
  8. オプションとして、Adobe Photoshop Element 2018をイメージ編集、作成に使う

使用教材

  1. Xcode/Swiftのサンプル・プログラム (企業の人事・総務のアプリケーションの「出張申請」)
  2. 講習会用説明資料(PDF配布)
  3. 市販のSwiftブログラミングの教材

研修場所 

  • 貴社施設内を基本としますが、ご相談に応じます

受講料

  • お問い合わせいただけましたら、場所、参加人数によりお見積もりいたします

データベースの使い方 CoreDataコース

TableViewControllerとViewControllerを組み合わせた機能のサンプル・プログラムを使ったデータの永続保存、検索等の機能を学習します

 

前提として、

開発言語SWIFTプログラミング基礎コース及び拡張機能コースの履修者か、または、同等のスキルのある方


コースの内容

  1. プログラムの全体の開発の流れを知る
  2. サンプル・アプリを使った開発をステップbyステップで学習する
  3. 各ステップで必要な基本機能を学習する
    1.  Modelingの考え方
    2. Entity, Attribute, Relationsの定義
    3. Save, Fetching, FetchResultController機能
    4. NSSordDiscriptor機能
    5. NSPredicate機能
    6. Data Model Migration機能
    7. TableViewのSearch Bar, Search Bar Display Controller機能
  4. 各ステップで遭遇するエラーの対処方法を学習する
  5. プログラム全体のテストと問題解決方法を学習する
  6. 簡単なプログラムの演習をステップごとに行う 

コース日程

  • 1日間コース  
  • 開始時間: 9:30  終了予定時間     17:00
  • なお、貴社の希望する 早朝、夜間の研修コース等も相談に応じます

参加者は、コースに必要な開発環境を用意するものとします

  1. MACのPC   iMac, MacBookAir, MacBookProのいずれか  
  2. メモリーは8GB以上が好ましい
  3. OS X は、最新のVersionが好ましい  OS X Mojave 以上
  4. 開発ツール、Xcodeは、Version 10   (β版は使わない)
  5. プログラミング言語、Swiftは、Version 5  (MacのTerminalで swift -versionとタイプし確認しましょう)
  6. テスト用実機として、iPhone 8, iPhone X など
  7. IOSは、最新のVersionが好ましい  IOS Version 12 以上
  8. オプションとして、Adobe Photoshop Element 2018をイメージ編集、作成に使う

使用教材

  1. Xcode/Swiftのサンプル・プログラム
  2. 講習会用説明資料(PDF配布)
  3. 市販のSwiftブログラミングの教材

研修場所 

  • 貴社施設内を基本としますが、ご相談に応じます

受講料

  • お問い合わせいただけましたら、場所、参加人数によりお見積もりいたします

IOSアプリ登録、申請 コース

作成したアプリのAppStoreへ登録するまでのステップを学習します

別途、お問い合わせください