開発したアプリの登録、販売方法


審査申請前に準備すること

Xcodeを使ってアプリが完成したら、審査申請前に行うこと

 

  1. アプリのIconを作成する
    1. Adobe PhotoShopで素材をベースにデザインし、1024 x 1024 ピクセルのICONの原版を作成
    2. Prepoを使って、iPhone/iPadの各サイズに対応したICONを作成する
    3. 作成したICONをXcodeの所定場所に格納する
  2. アプリの起動画面のイメージと企業名、提供者名などを作成する

登録、申請の手順

Apple Developper サイトは、Certificates, Identifiers & Provisioningと iTurns Connectの二つ

 

かなり難しいので、研修等でOJTが必要

Apple Developper サイトへのリンク

 

  1. Apple DevelopperサイトでCertificates, Identifiers & Provisioning Profileの登録を行う
    1. 開発者用と配布用のCertificatesがそれぞれ必要
    2. Identifierは、Apple Storeに開発したアプリをアップロードするときに必要となる「App ID」Identifiersが必要
    3. Xcode8から、ワイルドカードAppIDが使えます。これひとつで複数のアプリケーションをビルド、インストールできます。 ただし、APNS、In-App Purchase、iCloud、Game Centerの機能を組み込む場合は使えません。
    4. Profileは、アプリごとにプロフィールを登録する
    5. 開発とは別に、配布用のProvisioning Profileを登録する
  2. iTurnConnectサイトで、アプリごとの必要な情報登録を行う
    1. アプリの名前
    2. アプリのカテゴリー
    3. アプリの価格戦略
    4. アプリのiPhone/iPadのデバイス別のアプリの画面を登録、 画面のサイズがピクセル単位で決められているこれが大変
      1. iPhone  8, XS, XR など
      2. iPad など
      3. iPad Pro
    5. 配布国の選定
    6. アプリの提供先年齢分析
    7. 提供者情報
      1. 氏名、住所、eMail, Tel, Home PageのURLなど
    8. 最後にXcodeからアップロードしたコードを組み入れ、審査の申請をする
    9. 何も差戻がなければ、1週間程度でリリースできる

Apple Storeからの差戻し対応

これは、最初の頃は度々差戻されるので、英語での対応ができないと難しい